日本こけし館に隣接する皇太明神神社

          

皇太明神神社由緒縁起

滋賀県永源寺町蛭筒井八幡宮(筒井幡神社)に大皇太明神として合祀された文徳天皇第1皇子、小野宮惟喬親王(844〜897)は全国轆轤挽物師(木地師)の祖神として日本各地で轆轤細工によって業を営む人々の崇敬の念を集めて居り木地発生の地とされている。1975年11月27日午前零時、筒井正八幡神社より分霊遷座された当神社は鳴子町内外の木地師、子芥子工人の心のよりどころとして、鎮座しております。
轆轤は廻ると云う事から、
「幸運が廻って来る」 「金運が廻って来る」 「良縁が廻って来る」と云う様に、開運の神として、また子芥子は、京御所の祝人形の形式を用いていることから、「子宝や子供の成長を願う」として、人々から崇敬を集めています。


御来館なさったお客様から大変喜ばれております。
それぞれの願い事、希望をかいて貼って頂き、記念撮影をなさっていかれます。皆さんもどうぞお越し下さい。
祈願こけし(日本こけし館内)


どちらかお好きな方に記入していただきます


絵 馬

こけし館内にて販売中!! 589円  ごりやく